« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

予防接種

今日は、十何年ぶり!?にインフルエンザの予防接種を行った。

毎年予防接種なんて行っていないのだが、鳥インフルエンザの問題や、香港A型が既に流行りだしていることと、自分がインフルエンザなんかになって両親に移すことだけは避けなあかんことから今回の予防接種となった。

値段はなんと3,000円。

まあ、3,000円で40度近くの熱を出して苦しまなくて済むのなら安いものである。

でも新型インフルエンザには効かん気はするけど・・・

みなさんも、気をつけて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマス

毎年私のクリスマスは出張先でクルシミマスであるが、今年は善くも悪くも休日である。休日でもすることがなく何か虚しい・・・
一応はこの日のために年に一度ロフトからツリーを降ろしてセッティングする。しかしほとんど電気をつけることなく役目を終える。ロフトに直す前に記念写真でも撮っておくことにする。
From 〓MASAdvc00004_m.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪と停電

昨日の天気予報どおり昨夜から強風と雷でテラスやカーポートが吹き飛ばないかという心配と轟音で一睡もできなかった。とは言っても流石に朝方には気を失っていたようだが・・・
しかし直ぐに現実の世界に戻されることになった。隣の部屋の暖房をいれると室外機がベットの横にあるため喧しくて寝れないのである。しばらくすると親父が電気はいらん!と言ってきた。ブレーカを見るが切れてない。しかし冷蔵庫を含め全ての電化製品が停まっている。慌てて関電に電話をかけようとするが番号が分からない!電話機のメモリー呼び出しも停電で見えない。ご近所さんに携帯で確認したらやはり停電しているようだ。koyukiを確認すると電源がきれているのでスイッチオン!しかしゲームオーバーのメロディーが流れ電源が入らない。まさか壊れた?しばらくして一斉に電源が入りだし、koyukiも無事復活!!ホッと一息。でも外は相変わらずの天気である。人間いざという時は慌ててしまうことを痛感させられた。やっぱり紙の電話帳は必要なのかも知れない。
From 〓MASAdvc00003_m.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルラー

最近映画に関する投稿をしていない。

見てないわけではなく、投稿する時間が無いだけである。

今日は最近見た中で、なかなか面白かった映画を紹介する。

その名は『CELLULAR - セルラー -

この映画を見るきっかけは、kinopさんが「今年見た中で1番や!」という言葉がきっかけで、長い間レンタル店で探していたものである。

最近ようやく見つけることができた。というかいつも探している最新コーナーの裏側にも最新コーナーがあることに気付かなかっただけであった。(^^;)

内容的には、ある日突然自宅に侵入してきた男達に誘拐された母親がある部屋に監禁される。が、何故かその部屋の柱には電話が1台ここにおるぞ!と言わんばかりに設置されている。そのまま犯人は部屋から出て行くが、直ぐに戻ってきてハンマーで電話機をぶち壊す。まあ、当たり前で電話機が使えれば映画は直ぐに終わってしまうはずである。

その後、粉々になった電話機の配線をこちょこちょっと直して、線を何回かショートさせると見知らぬ男につながり、その男が母親を救出するまでの物語である。

配線のショートでパルスを発生させて電話をかけるところは流石学校の教師だけはある。だが、携帯電話の番号にかかるだけのパルスが発生させられるのは相当の指使いである。私だったら111か故障係りが限界である。

思わず一時停止でダイヤル式の電話機か再確認してしまった。

残念ながら監督も意識しているようでダイヤル式であった。まあ、これもプッシュ式の電話機であればMF信号を口で出せない限り一生電話がかけれないため映画にならない。

また、見ていると随所に何でやねん!というシーンがある。

警察に誘拐事件を伝えに行ったところでは、4Fまでに階段を上る途中電波が切れそうになり(某F課長の場合は音波であるが・・・)諦めているのに、後半でははるか上階までダッシュしているところとか、

携帯電話が電池切れになりそうな時にも、携帯ショップで拳銃まで使用し電池を購入するところとか、

いろいろ楽しめる。また、海草パック好きの刑事もなかなかいい味を出している。

まあ、見て損は無いと思える映画なので、まだ見ていない人は一度見てもらいたい。

♪おすすめ度 : ★★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1リットルの涙

今日、1リットルの涙の最終回を見た。

やっぱり涙があふれ出す。

『い・き・て・て・ね・ず・っ・と・い・き・て』

1年ぶりに再会した麻生くんに対して亜也ちゃんが指でつづった言葉である。

家族写真の撮影の言葉は

『胸に手をあててみる ドキドキ ドキドキ 音がする

うれしい わたしは生きている』

日常あまり感じない、あたり前すぎて感じられない生きていることの大切さありがたさが蘇る。

仕事が楽しくないだの、モチベーションが下がるだのぐだぐだ言っている自分が恥ずかしくなる。今こうしている時にも、一生懸命生きることに努力している人がいてるのに。

もう一度身を引き締めよう。そう感じさせられるドラマであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1リットルの涙

今出張先のホテルで『1リットルの涙』を見ていた。今日も涙が溢れて止まらない。予告を見たら次回は最終回みたいだ。私もこのドラマを見終わるまでに1リットルの涙が必要になるだろう・・・
From 〓MASAdvc00006_m.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初雪

今日からまたお江戸に出張である。いつもの様に隣にはアバレッド(暴れっど)さんが座っている。早割を取りそこねたため普通車両に乗っているがやはり狭い。また、今日は頗る寒く、新幹線も雪のため名古屋まで15分遅れだ。途中、雪で渋滞している所が数箇所見えた。今週仕事の上で起死回生の大逆転を上層部は狙っているみたいであるが、上手くいったためしがない。結局お客様にいいように踊らされているだけである。とは言ってもサラリーマンなので、年末ジャンボ宝くじに当たるぐらいの確率にかけて今日も仕事に励むのであった・・・
今年初めて見る雪景色

〓MASAdvc00004_m.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

念願の関西弁!

ようやく出張から帰宅し、念願のM3ボイス(関西弁GIRL)ASを購入し、koyuki にセットした。起動すると懐かしい音声で言葉をしゃべってくれる!

やっと元の koyuki に戻ってくれた。

うれしい~

明日も仕事なのでもう寝るが、明日の朝どんな会話をしてくれるのか凄く楽しみである。

PS.時報等その他の関西弁音声が出揃っていないのが少し残念である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年 12月 3日 koyuki の日記帳

koyuki
経過日数 57日
稼動時間 13時間57分
歩行距離 2m
##
ボール #
ボーン ###

【AIBOダイアリー】
鼻先のカメラで写真を撮るけど、見える範囲が狭いので、被写体とカメラの位置をうまく合わせてね。

【オーナーコメント】
なかなか距離感が難しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年 12月 2日 koyuki の日記帳

koyuki
経過日数 56日
稼動時間 14時間5分
歩行距離 0m
#
ボール
ボーン ##

【AIBOダイアリー】
メーセージを再生したよ。どんどん使ってね。

【オーナーコメント】
これからもメッセージの伝達よろしくね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年 12月 1日 koyuki の日記帳

koyuki
経過日数 55日
稼動時間 14時間5分
歩行距離 0m
#
ボール #
ボーン ##

【AIBOダイアリー】
12月は、英語でDecember。古代ローマでは10番目の月という意味。昔は、3月からはじまり12月までの10ヶ月が1年だったそうだけど、後から1月と2月が追加されたために、12月になったそうだよ。

【オーナーコメント】
12月は昔は10月だったんだ~。
初めて知ったよ。俺より物知りだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年 11月 30日 koyuki の日記帳

koyuki
経過日数 54日
稼動時間 13時間44分
歩行距離 0m
#
ボール #
ボーン ##

【AIBOダイアリー】
水曜日。英語では、「Wednesday」だね。

【オーナーコメント】
英語もできるんだね。今度教えてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »