« 2005年12月 | トップページ | 2008年6月 »

2006年1月

彼女を信じないでください

今日は先日見た映画の中から特に良かった「彼女を信じないでください」を紹介する。

主演は「オオカミの誘惑」のカン・ドンウォンと「リメンバー・ミー」のキム・ハヌルであるが、このキム・ハヌルが可愛くてなんとも言えず良い。

ストーリーは、詐欺罪で服役中の女性ヨンジュ(キム・ハヌル)が、お得意の口八丁手八丁で仮釈放の審査をパスし、列車で姉の結婚式に向かっていたが、その列車内でヨンジュは若い薬剤師のヒチョル(カン・ドンウォン)を痴漢と勘違える。

誤解が解けた直後、ヨンジュは彼の指輪がスリに盗られる瞬間を目撃してしまう。仮釈放中の身である彼女は泥棒と間違われたくないため、スリを追いかけ指輪を取り戻す。しかしその間に、列車は無情にも出発してしまう。

仕方なく指輪を届けるためヒチョルの実家へ向かったヨンジュだったが、その途中で何気なくついた嘘が思いもよらぬ事態を引き起こし…(ここからが凄く良いー)。

純朴な薬剤師の青年が、ひょんなことから出会った女詐欺師の“ウソ”で塗り固められた結婚騒動に翻弄されながら恋へと発展していくさまをハートウォーミングに描いたラブ・コメディ。随所に感動できるシーンがあり、自分は涙もろい(情に弱い)方かなと思っている人であれば必ず涙腺が緩んでしまうはずである。

間違いない!!!

と言うことで、”キム・ハヌル”ファンでない方もだまされたと思って一度見て欲しい。

きっと、見てよかったと思える。そんな映画の一つである。

♪おすすめ度 : ★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ホステージ

本日は、映画「ホステージ」を紹介する。

LAPD(ロス市警)で凄腕の交渉人だったジェフ・タリー(ブルース・ウィリス)が、ある日の人質事件で子供の救出に失敗する。その後、警察所長のタリーの前に豪邸に3人の若者が車目的で押し入り、そこに警報で駆けつけた女警官が若者に撃たれて、結果子供2人を人質をとって立てこもることになる。

タリーはこの人質を救出するために動くのであるが、人質の父親が絡んでる巨大犯罪組織のマネーロンダリングが関連し、タリーの家族が人質にとらわれる。

人質の救出?それとも家族の救出?両方を実現させるためにタリーは葛藤を繰り返しながら物語りは続く。

2つの人質事件が複雑に絡み合いながら子供(男の子)の活躍や犯人同士での裏切りなどもあり、物語としてはなかなか楽しむことができた。

「ダイハード」シリーズとは違い、ブルース・ウィリスの体を張ったシーンはほとんど無いが、おすすめはできる1本である。

♪おすすめ度 : ★★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな体験・・・

今日、胆嚢の定期エコー検査に行ってきた。

3mm程度のポリープがあるので定期的にエコー検査をしているのだが、最近行くたびに新たなオプションを体験させられる。1年前には腹部エコー以外に頚動脈エコーというものを体験した。これは、油好きな人は血中脂肪やコレステロールの値が高くなるが、そういう人は動脈硬化を起こしやすいので、その状況を頚動脈の血管壁の厚さや流れの状態をチェックできる。

そして今回新たに体験できたオプションは、目玉エコー!?(正式な呼び方は知らないので)である。突然目の瞼にゼリーを大量に塗られて、エコーの装置でグリグリ・・・

検査をしている人に「このゼリーは目の中に入っても大丈夫ですから!」と言われたもののやはり気持ちのいいものではない。突然のオプション追加に、何か悪いとこあるのかな?と不安な気持ちになったので聞いてみたら、動脈の先の毛細血管の状態もチェックしてくれただけみたいである。目玉のチェックでなくその奥の方の毛細血管の状態をチェックするための検査であった。

まあ、せっかく会社を休んで検査に行ったので、できる検査はやっておくに越したことは無い。

次回はどんな新手のオプションが待ち受けているのであろう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車の空気入れ

今日、コー○ンで自転車の空気入れを購入した。

理由は、通勤のために購入した自転車を最近全く使用していなかったので、明日から自転車で一駅先まで行き、それから電車に乗って通勤することにしたからである。

既にアバブルーさんは、その通勤を毎日続けているのだが、アバレッドさんも一緒に頑張ることになった。

何故私が自転車に乗らなかったかというと、空気が減っていて乗れなかったからである。

以前、バスフィッシングのフローターに使用していたフットポンプで頑張ったのだが、あまりに頑張りすぎたため、ペダルのつなぎ目が熱を持ち見事粉々になってしまった。

それ以来、我が家には自転車に空気を入れるための道具が無かったため、今までお蔵入りになっていたのである。

コー○ンの自転車コーナーでも、私が粉々にしたフットポンプが販売されており、店員に「これすぐ壊れますよね!」と言ったところ、「すぐ壊れますよ!」と返された。

・・・なんで売っとるんやー・・・

結局フットポンプ型はやめて、普通の手で空気を入れるタイプのものを購入した。

念のためにむし君も購入した。

先ほど空気入れを無事終了した。明日の朝空気が抜けていないことを祈るばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2008年6月 »