« EeePC901その後6 | トップページ | GT5P、COD4再掲載! »

BONES シーズン1

今日は、久しぶりに海外TVドラマのお話をする。

先週末から今週末にかけてBONESシーズン1全22話をGEOでレンタルして見た。

以前、24、プリズンブレイク、LOSTのどれか忘れたが、1話だけおまけでついていたのを見て面白そうだったので借りようと思っていたが、あれやこれやで今まで見れなかった。

9月3日からシーズン2がレンタルされるので、慌ててシーズン1を借りることにした。

製作総指揮、バリー・ジョセフソン(「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」、「ロスト・キッズ」)とハート・ハンソン(「ジョーン・オブ・アルカディア」、「ジャッジング・エイミー」)が送り出す「ボーンズ」は法人類学者でありながらベストセラー作家であるキャシー・ライクス着想の刑事ドラマ。

主人公のテンパレンス・ブレナン博士(エミリー・デシャネル)は高い技術を持つ法人類学者で、ジェファソニアン・インスティテューションで働いており、副業で小説も書いている。

遺骸がひどく腐乱していたり、認知不能なほど燃やされていたり、破壊されていたりと通常の死体確認方法が使えないような殺人捜査の際、FBIの殺人捜査班の特別捜査官であるシーリー・ブース(デビッド・ボレアナズ)から助けを求められる。

このブレナン博士が只者でなく、思ったことをズバズハ容赦なく口にする。

また、喧嘩がむちゃくちゃ強く 、悪党を気持ちよくのしてくれる。

ブレナン博士とブース捜査官のパートナー以上恋人未満の微妙な関係がこのドラマのクリフハンガー的要素でもあると思う。

基本的に一話完結のドラマであるが、毎話事件を究明していく内容には関心させられ、続けて見ても飽きない。

全体を通しては、ブレナン博士の両親が失踪した事件を究明していくストーリである。

まあ、1話でブレナン博士の親友アンジェラ・モンテネグロが、空港の受付で話を聞いてくれない係員にいきなり胸をはだけた シーンには目を疑ってしまったが・・・

その他にも個性豊かな仲間達(ザック・アディー、ジャック・ホッジンズ博士)が、随所にいい味を出してくれる。

9月3日のシーズン2レンタルが楽しみ である。

直ぐ品切れで、たぶん借りれないけど・・・

Bones_2

[BONES シーズン1]

第1話 「墓地の眠れぬ魂」
第2話 「自爆テロリストの真実」 
第3話 「木につるされた少年」 
第4話 「クマの中に残された証拠」 
第5話 「小さな死体」 
第6話 「壁の中の逃走」 
第7話 「32時間の命」 
第8話 「冷蔵庫に捨てられた少女」 
第9話 「過去からのプレゼント」 
第10話「自分を消し去った女」 
第11話「守りたいもの」 
第12話「ヒーローの死」 
第13話「家族の庭」 
第14話「7人目の死体」 
第15話「パートナーの危機」 
第16話「地下の住民たち」 
第17話「砂漠の恋人」 
第18話「黒ひげの呪い」 
第19話「消えた記憶」 
第20話「移植された悲劇」 
第21話「英雄の秘密」 
第22話「マルコとポーロの再会」 

|

« EeePC901その後6 | トップページ | GT5P、COD4再掲載! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BONES シーズン1:

« EeePC901その後6 | トップページ | GT5P、COD4再掲載! »