« 我が家のFMVその後 | トップページ | I-O Drive Center »

外付けHDDの増設

ついこの間、I-O DATAの外付けHDD(HDCN-U500(500GB))を購入したとこなのだがもう空き容量が数Gになり、不要なファイルを整理しつつやりくりしている。

容量を圧迫した一番の原因は、I氏のバックアップデータを宅外保管したことである。

まあ、そんなことは置いといて、追加の外付けHDDを購入しようと新聞チラシや招待状などをチェックしてみた。

すると、I-O DATAのHDCN-U500(500GB)が\12,800、HDCN-U640(640GB)が\14,800、HDCN-U1.0L(1TB)が\19,800でMIDORIのチラシに掲載されている。

ちなみに、Joshinは価格が高かったので除外した。(ポイントを含めたらどっちが安いか判らないが・・・)

ここで気になったのが、500GBと640GBはI-O DATAのホームページにも回転数が掲載(7,200RPM)されているが、1TBのHDCN-U1.0Lには回転数が掲載されていない。

いろいろネットで調べると、オンライン販売しているサイトの中には7,200RPMと掲載されている店舗もあったが、どうも他の500GBなどのスペックをコピーしているだけのように思える。

結局、回転数をネットで調べることはできなかった。

機種名の最後のLはLiteEditionのLなので、回転数が遅いHDDを搭載しているのかも知れない・・・

MIDORIの店員に調べてもらったが、この機種は回転数が非公開とのこと。

何故回転数を非公開としているのか?

定価が\6,400高いHDCN-U1.0(1TB)は公開(7,200RPM)されているところを考えるとやはり回転数が遅いHDDを搭載して価格を抑えているとしか思えない。

それならそれで堂々と回転数を載せるべきだと思うのだが・・・

まあ、少しぐらい回転数が遅くても問題ないので、ここは容量が1TBあるHDCN-U1.0Lを購入することにした。

  Hdcnu10l

商品引き換えのカードを取ると、最後の1枚で残りのカードは予約カードになっていた。

EeePC901の時もそうだが、最後の1個 を購入することが割りと多い。

残り物には福があるという言葉を信じて、プラス思考で考えることにする。(故障しないで
早速、我が家のFMVに接続し、 PS3や TVで使用できるようにFAT32でフォーマットされているので、NTFSで再フォーマットしたら6時間もかかってしまい、こんな時間になってしまった。

恐るべき 1TB  今日は限界なのでもう寝ることにする。

|

« 我が家のFMVその後 | トップページ | I-O Drive Center »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外付けHDDの増設:

« 我が家のFMVその後 | トップページ | I-O Drive Center »