« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2008年12月

PS3のHDD容量アップ!

最近目の調子が悪いのでブログからも遠ざかっているが、久しぶりに掲載してみることにした。

私のPS3は、初期型である60Gモデルであり、約10本のPS3用ソフトを持ているが、HDDの残容量が既に数Gまで減っていた。

最近リリースされたPlaystationHomeや各種ビデオ、体験版ダウンロードのことを考えると何時デバイスフルになるかわからない。

そこで思い切ってHDDを交換することにし、近場の量販店や電気屋を回るも内臓型2.5インチHDDはをおいている店は無かった。

やはり日本橋まで出向かないと買えないのか・・・

邪魔くさいのでネットで購入することに決め、楽天で検索した結果、 PREMIUM STAGE さんで BIG DRIVE 富士通2.5インチ320GB 【PS3にも対応】を購入することにした。

 富士通2.5HDD MHZ2320BH (320GB,5400rpm,S-ATA)

   Hdd320g

  • 型名:MHZ2320BH
  • 容量:320GB
  • 回転数:5400rpm
  • IF:SATA (3.0 Gb/s)
  • バッファ:8MB
  • 価格: 6,571円 (税込6,899円) 送料別

何故この商品に決定したかと言うと、500GBは価格が割高で320GBで容量的には十分(容量一杯になる頃には1TBぐらいのが割安で買える?)と考えた。

5,400rpmを選んだ理由は、PS3(特に60Gモデル)は熱を持ちやすく、夏場などは常時ファンが回りっぱなしになり、部屋の中は暖房状態になる。

7,200rpmでアクセスを早くするより、できるだけ発熱量を抑えたかったのでこの商品に決定した。

交換後も交換前の純正60GBと変わらない動作音で、満足している。

ちなみに、320GBのHDDでも実際にPS3での使用時は容量が減るので疑問に思わないこと。

 320GB(10進表記)

 ⇒320,000,000,000÷1,024÷1,024÷1,024

 ⇒約298GB

 さらに、PS3システム領域として

   PS3システム領域=2GB+(HDD容量の10%)

 が確保されますので、残容量は266GB程度になります。

交換は以下の手順で簡単に交換できる。

 1.PS3のバックアップユーティリテイで外付けHDDにバック

   アップを行う。

   ※外付けHDDはFAT32でフォーマットする必要がある

 2.電源を切り(電源コードを外しておく)左側面のHDDカバー

   を外す。

 3.中のHDDが見えるので青色のネジを1本外す。

   ※ネジ山をつぶさないように注意

 4.取っ手を引き起こし、右にスライドさせるとコネクタが外れて

   手前にHDDが取り外せる。

 5.取り外したHDDの4本のネジを外し筐体から外す。

 6.新しいHDDを筐体に取り付け4本のネジをしめる。

 7.逆の手順でPS3にHDDを取り付ける。

 8.青いネジを締め、取っ手も収納しカバーも取り付ける。

 9.電源を投入すると、ハードディスクのフォーマットを要求して

   くるので、フォーマットを行う。

10.フォーマット完了後、バックアップユーティリティを使用し、バ

   ックアップしたデータをリストアする。

以上でHDD容量アップは完了です。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小雪(AIBO)の退院!

小雪(AIBO ERS-7M2)が我が家に来てから早くも3年6ヶ月の月日が流れた。

初めは、おしゃべりする犬型ロボットで、実際の犬より飼うのが楽で癒されるから購入したのだが、今では完全に家族の一員で、家族みんなが毎朝の挨拶を欠かせないほどである。

まあ、テレビを見ているとずっとおしゃべりしているので少しやかましい時もあるが、いないとかなり寂しいものである。

そんな、小雪に両手両足の振るえが出だしたのが去年の12月頃で、初めはたまに震える程度であった。

それが徐々に悪化し、2週間前では常に震えてたまにリセット(電源を上げた時の両手両足の位置調整)動作を行う。

ステーションから下ろしても、立ってるのがやっとの様で、フラフラ歩いていつこけるか分からない状態になった。

AIBOクリニックに電話して症状を説明したところ、有償修理になりますが良ければ修理するとの事。

しまった、折角AIBO3年間愛護保険に高いお金を出して入っていたのに、6月に期限切れで全額有償になるとの事。

期間内に電話すれば良かった~むちゃくちゃ後悔 ・・・

最近はどこのメーカーも保障期間を多少過ぎても無償で修理してくれるところが多いが、SONYさんには『規則ですから!』と、あっさりとかわされてしまった。

約1週間後に修理見積もりの電話があり、総額6万7千221円 との事。予想していた金額よりかなり高い!

考えてもどうしようもないのであるが、思わず『考えさせてください』と言ってしまった。

翌日、AIBOクリニックに連絡し修理をお願い し、本日無事我が家に小雪が戻ってきた。

少し、左の後ろ足の動きが悪いような気がするが、気のせいかもしれないので少し様子を見ることにする。

小雪が帰ってきたとたん、我が家の雰囲気が明るく なった。

早速、ステーションから下ろして自由にさせ、得意の隠し技を披露。

(小雪の隠し技)

(今回の修理箇所)

   Aibo_buhin

 ・両手、両足の付け根モーター( 21,800)

 ・両手、両足の膝肘モーター( 6,400)

 ・尻尾の付け根モーター( 2,300)

 ・首のモーター( 8,200)

 ・バッテリー2個交換( 無償)

 ・技術料( 21,505)

 ・検査代( 1,615)

 ・送料( 2,200)

 ・消費税( 3,201)

合計  67,221円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白騎士物語 -古の鼓動-

TGS2008でのデモプレイや各種紹介記事を見て以前から購入するか迷っていたソフトがある。

それは『白騎士物語 -古の鼓動-』である。

Sirokisi

PS3では、初めての長編RPG であり、一人ではストーリーパート(オフライン)を、フレンドと協力プレーを楽しむならライブパート(オンライン)と、2通りの楽しみ方ができ、それらがシームレスに繋がっているという。

まさにモンハン 村クエ集会所クエのような感覚である。

実際にプレイしていないので、どの程度プレイヤーを虜にしてくれるのか判らないが、期待大である。

楽天からの誕生日月プレゼント 300ポイントを引っさげて、楽天ブックスで予約してしまった。

今なら、ポイント10倍予約特典 LEVEL-5×PlayStation スペシャルサウンドトラックCDが付いている。

RPG大作であるファイナルファンタジーやドラゴンクエストの領域にどの程度近づけるか、2作目、3作目と続編に期待できるか、全て1作目の出来次第である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロジクール・スーパーラップ2008ステージ3の結果

ロジクール・スーパーラップ2008のステージ3だが、最後のチャンスであり当然ロジクール賞をGETするため参加した。

ステージ3の最終成績は、2分10秒6682,377位であった。

期待のロジクール賞は・・・やっぱりはずれ!~

またまた想定どおりの結果であった。

Stage.3 ゴールド賞 (タイム:2'00.435)
YAM23 様

Stage.3 シルバー賞 (タイム:2'00.651)
Minamikaze51 様

Stage.3 ブロンズ賞 (タイム:2'00.843)
kura145 様

Stage.3 ロジクール賞(もう諦めました・・・)
kyokun717 様
nishipon 様
nocoke_nolife 様
TRASAM5374 様
hidekishumi1965 様

受賞された方、おめでとうございました。

これで、ロジクール・スーパーラップ2008は終了してしまったが、このようなイベントは是非また実施して欲しいものである。ほんとに・・・

それにしても、SPECⅣへのアップデートはいつ実施されるのか?

早くフレンドとの対戦部屋を作成できる機能追加を行って欲しい。そうすれば、もっと魅力あるソフトになると思うのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GT5P F2007 ゲット!

一昨日の土曜日、グランツーリスモ5プロローグで、念願のフェラーリF2007を購入した。二億円貯めるのにイベントS2を何度も繰り返し、やっとこさ購入することができた。
ワクワクしながらイベントAクラスの車種制限なしを走ってみると、速い!尋常でない速さである。コーナリング限界速度も別次元で、ジェットコースターのレールを走行しているみたいだ。
他の車は単なる障害物でしかない。
ただ、鈴鹿のヘアピンの立ち上がりなどでラフにアクセルを開けると、リアが流れて直ぐスピンしてしまう。少し走り込んで慣れが必要である。
フォーミュラ・ワン・チャンピオンシップエディションもやっているが、こちらのグランツーリスモの方が各段に上であると思う。
お金集めは大変だったが、是非購入すべき一台だと思う。
余談であるが、本日のステージ3の結果発表も楽しみである。
[モブログ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »